新年・文化の違い(文化差異)

中国語・勉強

こんな場面がありまして。

ある職場に日本人、中には中国人、台湾人、フィリピン人などもいます。彼女らの仕事は基本各自になります。当然、廊下で会ったり、エレベーターで会ったりしたときに、非常に礼儀正しくお互いに挨拶をします。そして、”お疲れ様”とかいい合いしています。

ある日、十数年働いたsomeiさんは廊下で台湾人のshinに会いました。someiさんはshinさんに飴一粒を上げた、同時に”お疲れ様、どうぞ!”と親切に言いました。shinさんも飴を受け取りながら”ありがとうございます”と言い返しました。

このような場面は本来は評論する必要もなかったです。でも、その次の一幕は私にいろいろなことを考えさせられました。

彼女らは仕事の帰り、着替え室で、shinさんはsomeiさんに”先ほどの飴美味しかった、ありがとうございました”と改めて感謝の言葉を発しました。その時,someiさんの反応は違いました。someiさんはとても苦い笑いで、そう言いました”あや!この飴あなただけにあげたのに、皆の前で言われてしまったから、本来残りのをもって帰ろうとしましたので、、皆に食べてもらうわ・・・・”そういいながら、カバンに残り飴を取り出して、配り始めました!shinさんは思わず、連発の”ごめんなさい”!でした。

これは文化の違いでしょうか?

大きい意味では、文化の違いと思います。細かく言うと礼儀と人付き合いの国情によっての違いですね!!中国人は大勢人は率直で、何でもすぐ口にします。あまり周りの環境とか、人の気持ちを読まない人種。その分凄く分かりやすい民族と思います。日本人は間接的、心の奥を注視している民族と思います。人の前で良い事をしてあまり褒められたくないですね。

私は日本に30年過ぎました、その場面私が遭遇したら、恐らく私もshinさんと同じ行動するでしょう!!私の修練はこれからですね!!

今年も宜しくお願いいたします。皆さんと一緒に頑張って行きたいです!!


这样一个画面。在一个工作场所的一群日本妈妈里,有中国的包括台湾的,也有菲律宾的等。们的工作基本各自归各自。当然有时会在走廊里或电梯里碰见,她们会很有礼貌地和对方说“辛苦了”。那一天,工作了十几年的日本妈妈someiさん在走廊上遇见了台湾妈妈shinさん!
Someiさん很自然地给了shinさん一颗糖,并很亲切地说了“辛苦了!请吃糖!”shinさん也很感动地回答了一句“谢谢”。本来这个场景也没什么可以评论的,可接下来的一幕让我有很多想法!们下班换衣服的一幕!换完衣服的shinさん对正在换衣服的someiさん说“谢谢你的糖,非常好吃”很普通的一句礼貌用语,someiさん的反应却不一样。someiさん很不自然地笑着,并用日本人特有的改变声调的口气对shinさん说“啊呀,我只给你一个人的,你怎么在大众面前说出来呢?”“本来我想把剩下的带回家的,现在只能拿出来分给大家”说完话的同时,someiさん拿出了糖,分给了在座的每一个人。这时的shinさん却不知所措地一直道歉“对不起,对不起!”
这是不是文化的差异?!从大处讲,是文化差异。从细节看”际往来或礼义运作“的国情不同吧!中国人大多数坦率不忌,直说人事交往,但且也有不明白含蓄隐私的。日本人比较委婉间接,是比较注重本心的民族。她们不愿意在人面前表现自己。这也许就是文化上的不同吧!
别以为我来日本几十年了,如果换做我,我也会大不咧咧地和对方说声“谢谢“看来日本的这种说不清的文化底蕴还很深!我的修炼还得继续下去!如果是看了这篇小片的你呢?你会怎样?