Uberより凄い!中国の配車アプリ「滴滴打車」について

滴滴打車 日記・その他

今日は、あるアプリについての話!

中国では「滴滴打車」という、タクシーアプリがあります。
起動すると自分の居場所がGPSで表示され、
すぐさま、近くのタクシーを呼び寄せることができます。
いまや、大手タクシーのみならず、地方の小さなタクシー会社や、個人タクシーまで、
このアプリを導入しているのです!

去年から急に広まったアプリで、いまや、これがないと上海市内でタクシーを捕まえるのは一苦労!

いまや、大陸全体で毎日1億回利用されているらしく、
中国のITビジネスの速度にはとにかく驚かされます。
これを日本で、この速度で広めることは難しいのでは?
ましてや、日本の何倍もある国土で・・・。

また、UBERという、外国発の個人タクシーアプリも
中国に上陸し、多数の中国企業が投資していることからも、
この二つがこれから、戦いとなることは明らかです。
こちらのアプリを導入すれば、マイカーがタクシーになり、誰でも隙間の時間で小遣い稼ぎができるのです。
客の検索と、料金メーターの機能を持ち、これが流行れば、
普通のタクシーよりも割安な、個人タクシーが街中を走ることになるでしょう。

以前、アメーバを運営するサイバーエージェントのスタッフが、
中国のIT事情についてこう言っていました。

「中国の速度、そして文化についていけない!」

彼らは、すぐ撤退することを選んだそうです!

日本の真面目さ、丁寧さ、リスクヘッジ、親切心、気遣い・・・。
確かに、世界に誇る、日本の素晴らしい文化です!
しかし、中国という世界一の消費国家で、うまく闘えていないのは、
その速度にあるのかもしれませんね!
中国は雑で、リスク管理も下手ですが、失敗を恐れず
やり抜こうとするその勢いには、すさまじいものがあります!

決断!前進!

私も中国人!負けないように、頑張っていきたいと思います!